AKBINGO!放送終了、人気アイドルグループに暗雲その原因は?

-スポンサーリンク-



AKB48グループの冠番組でもある「AKBINGO!」が9月いっぱいで放送終了することを8月20日深夜の放送で発表しました。番組MCを務めているウーマンラッシュアワーの村本さんが「お疲れさまでした。本当にお疲れさまでした。実はですね、『AKBINGO!』が9月で終わります。終了します」と発言すると、メンバーは「え?」と驚きを隠せない様子。

2008年10月にスタートしたこの番組は約11年の歴史に幕を下ろす。これについてメンバーは、「『AKBINGO!』のおかげで、ファンの方とかも増えて、本当に心の底から感謝しかないので」「『AKBINGO!』ですごく成長できたかなと思うので、それを胸に、これからも頑張ります」と涙顔で語りました。

原因を考察してみましょう。

いままで国民的アイドルグループとして活動してきたAKB48。プロデューサー秋元康さんにより2005年12月8日に活動を開始しました。選抜総選挙や握手会など多数の話題を作ってきたAKB48ですが、なぜここにきて冠番組が終了してしまうのでしょうか?

①ライバルの出現

AKB48の人気を皮切りに、アイドル戦国時代と言われる昨今のアイドル界ですが、中でもAKB48の公式ライバルとして2011年8月21日に登場したのが「乃木坂46」です。乃木坂46がデビューから8年経った今、国民的アイドルグループと言われるまでに成長し、AKB48の1強時代に終止符を打ちました。

かつて神7と呼ばれたメンバーも卒業し、1強時代を支えたメンバーのファンが乃木坂46に流れたとも言われています。そうした背景もあり、力が徐々になくなってしまったのではないでしょうか?

②視聴率の低迷

前述の通り、ファンが乃木坂46にながれてしまっているとしたら、推しのいない番組を見る視聴者の数は当然減ることが予想できます。それ故に視聴率の低迷があるのではないかと考えます。

その他、考察があり次第更新したいと思います!

-スポンサーリンク-