黒石高大(ハマの狂犬)がしくじり先生で作詞した楽曲とはどんな歌?

-スポンサーリンク-



出典 Twitter @9614takahiro

ハマの狂犬こと黒石高大さんが7月15日(月)24:20~24:50に放送される「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演します。

今回はAbemaTV限定企画「黒石高大~バラエティースターへの道~」なるものを放送するそうですがどんな内容になるのか調査してみました。

まずは、番組で「しくじり界のニュースター」と称される黒石高大さんのプロフィールから確認してみましょう。

黒石高大のプロフィール

  • 名前:黒石 高大(くろいし たかひろ)
  • 別名:濱の狂犬(ハマの狂犬)
  • 生年月日:1986年9月8日
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 身長:175cm
  • 職業:格闘家・俳優
  • 所属事務所:ウッドオフィス

前田日明さんプロデュースの総合格闘技イベント「THE OUTSIDER」で人気を博し、引退後は本格的に俳優行に取り組んでいます。彼の経歴をまとめました。

黒石高大の経歴

元愚連隊総長として2008年3月、THE OUTSIDERで格闘技デビューを果たすも、練習なしで参戦し2試合連続KO負け。

セコンドと応援していた面々が乱闘騒ぎを起こし、旗揚げ第一戦を務めたこともあり、THE OUTSIDERの顔ともいえる存在となりました。

2戦目以降は心を入れ替えジムに通い迎えた3戦目、初勝利を飾れるのか注目されるなか、試合開始前に相手を殴ってしまいまさかの無効試合裁定。

以降は勝ち星を重ね、2015年を持って引退しました。

戦績

THE OUTSIDERでの戦績は18戦7勝8敗2分1ノーコンテスト。
THE OUTSIDERでは、試合開始後わずか2秒でKO負けした事がある。これは格闘技界における世界記録並みの早さである。試合後、黒石は控え室に向かいながら涙を流して泣いた。

伝説の2秒KO

ちなみに世界最速KOは1.13秒と言われています。しかし体感では黒石高大さんの試合の方が早く感じます。

世界最速KOシーン

しくじり先生で作詞に挑戦

7月15日に放送のしくじり先生では、人生で初となる作詞に挑戦した黒石高大さん。なぜ作詞に挑戦することになったのかというと、AbemaTV限定企画「黒石高大 バラエティースターへの道 音楽番組編」と題し、黒石高大さんが今後、いろんな番組に出演できるように、若林正恭さん(オードリー)と吉村崇さん(平成ノブシコブシ)が黒石高大さんをプロデュースするという企画で、音楽番組への出演を目指してオリジナルソングを作ることになりました。

今までの経験を基に初の作詞に挑戦。その熱い想いを歌詞にしたためます。作曲を担当するのは大事MANブラザーズバンドの立川俊之さん。心温まる人生の応援歌が完成しました。この大切な1曲を黒石高大さんはどう歌い上げるのでしょうか?

現在は俳優業に専念

黒石高大さんの少しイカつい見た目から、チンピラなどの役が多い黒石高大さんですが、今年の4月から放送されている「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」マギャク巡査を熱演。ギャップありすぎると話題になっています。

出典 https://ameblo.jp/kuroishi-takahiro/entry-12466312124.html

まとめ

元格闘家であり俳優の濱の狂犬(ハマの狂犬)・黒石高大さんはTHE OUTSIDERを盛り上げた立役者のひとり。伝説の2秒KOを武器にしくじり先生に殴り込みにいくもバラエティースターになるためにいろいろなことに挑戦することになりました。

今回挑戦したのはオリジナルソングを作るための「作詞」。人生の応援歌となる歌詞に大事MANブラザーズバンドの立川俊之さんがメロディを作り上げ人生初の曲が完成しました。

この曲をどう歌い上げるのか?音楽番組出演なるか?
今後の黒石高大さんの活躍に期待です。

-スポンサーリンク-