出産前に準備すべきもの

-スポンサーリンク-



初めての出産を控えている時期って不安や期待で毎日そわそわして落ち着かないですよね?私も今か今かと待ち望んではいたものの、いざ予定日が近づいてくると産後の事も考えて色々と準備が必要ですよね。そこで、私が実際に準備したものや、準備しておけばよかったものをご紹介しますので参考にしてみて下さい。

まずは「衣・食・住」

生まれてくる赤ちゃんの為の衣食住とは、

衣=ロンパース・肌着・オムツ・おくるみ・靴下

食=粉ミルク(完全母乳の方も常備しておくことをオススメ!)・哺乳瓶・消毒液

住=ベビーベッド・布団

季節にもよりますが、衣類は季節ごとに5着あると安心です。ミルクを吐いてしまったり、オムツ交換時に衣類が汚れてしまう事もありますので、少し余裕をみて準備することをおすすめします。

※赤ちゃんの成長はとても早いため、すぐに着れなくなってしまうので買い過ぎにはご注意ください。

粉ミルクは母乳で育てる家庭では必要なさそうですが、来客時や外出をした際に重宝します。また、母乳が沢山出過ぎてしまう方は搾乳器や保存パックなども販売されていますのでそちらをお探し下さい。

ベビーベッドは必ずしも必要ではないかも知れませんが、床から30cmの高さは「ホコリゾーン」と呼ばれ、ハウスダストが舞っているため、赤ちゃんには良い環境とは言えません。また、ペットを飼っていたりするとベビーベッドがあることで守られるメリットもあります。とは言うもののベビーベッドって約1年くらいしか使わないのに新品を購入するのは気が引けてしまう。なんて方も安心して下さい。最近はレンタルしてくれるサービスがあるのでそちらをご検討ください。

赤ちゃんのバスタイムに必要なもの

産まれたばかりの赤ちゃんは沐浴を行います(産婦人科や自治体で沐浴指導を行なっている所もあるので問い合わせてみて下さい)。沐浴に必要なものは以下を参考にして下さい。

  • ベビーバス
  • 湯温計
  • ベビーソープ
  • ガーゼハンカチ
  • 洗面器

これは沐浴の必須アイテムですのでしっかり準備しましょう。パパママと一緒にお風呂に入れるようになるのは生後1ヶ月頃が目安となります。

選ぶ時のポイント

サイズに合ったオムツを選ぶ

オムツを選ぶ時は必ずサイズを確認して下さい。赤ちゃんのうんちはほぼ液体です。あまりにブカブカだとオムツから溢れて衣類や布団に付いてしまいます。また、メーカーによって推奨体重が変わりますので注意が必要です。産まれてくる赤ちゃんにもかなりの個体差がありますのであなたの赤ちゃんに合ったサイズを着けてあげてください。

季節に合った衣類を選ぶ

新生児用の衣類はカワイイデザインが多くて迷ってしまいますが、大事なことは季節感のある衣類を選ぶことです。秋や冬に出産を控えているなら、暖か素材のモノや春夏頃の出産なら薄めのロンパースなどから選んであげてください。外出の際、寒い時期は特におくるみなどでしっかりと包み込んであげないと体調を崩す原因になり兼ねませんので注意が必要です。

粉ミルクの違いについて

粉ミルクの選び方はズバリ「子育ての方針」だと思います。保健士さんから説明を受ける人も多いかと思いますが、赤ちゃんのミルクアレルギーをつくりにくいように配慮された粉ミルクと栄養は同じでやや安価な粉ミルクが有名です。アレルギーの心配がない赤ちゃんでしたらどちらでも良いみたいです。我が家では、私自身がアレルギー体質なため、やや高価な粉ミルクにしました。

ベビーバスの種類別メリット・デメリット

ベビーバスには大きく分けて3種類あります。1つは、空気を入れて膨らませるタイプ。2つ目は、置き型タイプ。3つ目は、マットタイプ。それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

エアータイプのメリット

  • 空気を抜けば収納場所に困らない
  • 沐浴中に腕をぶつけても痛くない
  • 持ち運びに便利
  • 比較的に安価

エアータイプのデメリット

  • 手入れをしないとカビが繁殖する
  • 膨らませる手間がかかる

置き型タイプのメリット

  • 机やシンクなどで使っても安定感がある
  • 腕への負担が軽減される

置き型タイプのデメリット

  • 収納スペースを取る
  • 身体の大きい赤ちゃんは湯量が足りなくなる

マットタイプのメリット

  • 畳んでしまえる
  • 持ち運びに便利
  • 見た目がカワイイものが多い

マットタイプのデメリット

  • 安定感がない
  • やや高価

まとめ

出産が目前に迫ってくるとやっぱり不安な気持ちになりますが、準備をしっかりしておくと心に余裕が生まれます。早めに準備を済ませ、これから産まれてくる赤ちゃんを優しく迎えいれてあげてください。心に余裕あれば、初めてみる我が子に最高の幸福感を味わえます。是非参考にしてみてください。

-スポンサーリンク-