【かわいさ爆発】BILLIE IDLE®のプー・ルイってどんな人?

-スポンサーリンク-



女性アイドルグループBILLIE IDLE®️の人気がジワジワ上昇してきているように感じる今日この頃。最近の人気の理由はファーストサマーウイカのメディア露出によるモノではないかと思います。ファーストサマーウイカについての記事はこちらから。

先日ファーストサマーウイカの記事をSNSに投稿したところ、プー・ルイが「いいね」をしてくれました。どんな人なのでしょうか?現在に到るまでの軌跡や彼氏の存在などを調べてみました。まずはプロフィールからご覧ください。

プー・ルイのプロフィール

出典 Twitter @pour_lui
  • 本名:あらき るい
  • 生年月日:1990年8月20日
  • 出身地:埼玉県
  • 血液型:A型
  • 職業:アイドル・You Tuber
  • 所属事務所:つばさプレス

女性アイドルグループBiSの元メンバーであり、現在はBILLIE IDLE®️で活動しています。Twitterの自撮りを見る限りめっちゃかわいいではありませんか!!BILLIE IDLE®️の人気が上昇しているのも頷けます。因みにBILLIE IDLE®️のオススメの楽曲は「MY WAY」「そして、また、、」です。

出典 You Tube
出典 You Tube

プー・ルイの軌跡

ソロ時代

  • 2009年11月4日、デビュー配信シングル「限られた時間の中で☆」が第4回レコチョク新人杯に最終ノミネートされました。
  • 2010年1月13日、セカンド配信シングル「WHY?」を配信開始しました。
  • 同年3月25日、初ライブを開催しました。
  • 同年6月23日、デビューミニアルバム「みんなのプー・ルイ」をリリースし、6月20日付のタワレコオンライン予約デイリーチャート1位を獲得。さらに、6月24日付のタワレコオンラインセールスでも1位を獲得しました。
  • 同年9月9日、年内でソロ活動休止を発表。同時に2011年からアイドルグループとして活動することを表明しました。
  • 同年12月3日、プー・ルイワンマンライブ「ラストダンス」にて、アイドルグループのメンバー3名と共に、「BiS」として活動することを発表しました。

BiS時代

  • プー・ルイの「アイドルグループがやりたかった」という発言から、オーディションを開催することになりました。
  • 2010年11月からリーダー・プー・ルイ率いるBiSは、日本語名称「新生アイドル研究会」とし、「アイドルを研究して、アイドルになろうとする、アイドルになりたい4人組」をコンセプトとして活動を開始しました。
  • 2011年3月23日、アルバム「Brand-new idol Society」でCDデビューを果たしました。
  • 2012年7月18日、avex traxよりマキシシングル「PPCC」でメジャーデビューを果たしました。
  • 2014年7月8日、横浜アリーナで「BiSなりの武道館」と銘打たれた公演をもって解散しました。

第1期BiSの解散については、メンバーと運営側の心の溝が原因ではないかと思われます。運営側の過激なプロモーションにメンバーが付いて行く事ができず、運営・メンバーさらにはファンまでもが疲弊してしまいました。その結果解散に至ったのではないかと推測します。

解散後は歌手としての活動に専念していましたが、2016年7月8日BiSの再始動を発表しました。しかし、2018年3月4日の両国国技館でのライブをもってオリジナルメンバーのプー・ルイが卒業しました。

BILLIE IDLE®️に加入

2018年5月12日、東京・UNITで行われたBILLIE IDLE®️の東名阪ワンマンツアー「BILLIE IDLE P.S.R.I.P. TOUR」最終公演に登場し、BILLIE IDLE®️への加入を発表しました。

彼氏の存在は?

2018年のクリスマス、都内のしゃぶしゃぶ店に訪れたプー・ルイと男性の姿を週刊誌が捉えました。お付き合いは5年以上にもなると噂のお相手は、若者世代に圧倒的人気を誇るバンド「KEYTALK」のギター担当・小野武正です。BILLIE IDLE®️として活動を初めて間もないプー・ルイですが、結婚も秒読みかもしれません。

まとめ

プー・ルイは紆余曲折ありながらも芯の通った女性という事がわかりました。元BiS時代は過激なプロモーションにも耐え、メンバーの脱退と加入によるグループの方向性についての葛藤もあった事と思います。しかし、「プー・ルイがいなければBiSではない」とファンが言うほど、グループには欠かせない存在になれたのは芯の強さと言えるでしょう。

BILLIE IDLE®️のメンバーとして今後の活躍に期待しつつ、ハッピーな報告にも期待したいですね。

-スポンサーリンク-